二輪免許の取得に関する基本情報

【二輪免許の取得方法】
二輪免許を取得する方法は、以下の2種類があります。
警察の運転免許試験場に行って試験を受け免許を取る
運転免許試験場で、技能試験と学科試験を受けます。早い段階で合格できれば、費用をほとんどかけずに免許を取得することができます。ただし、試験が受けられるのは平日のみ、かつ狭き門です。
指定自動車教習所を卒業して免許を取る
指定自動車教習所を卒業すると警察の運転免許試験場での技能試験が免除されます。したがって適正検査と学科試験を受けるのみで免許を取得することができます。卒業後1年以内に運転免許試験場へ卒業証明書を持参する必要があります。
このサイトでご紹介しているのは、全て指定自動車教習所です。

【二輪免許が取れる年齢について】
普通自動二輪(400cc以下)・・・16歳以上
大型自動二輪(400cc超) ・・・18歳以上
指定の年齢に達していない場合でも、誕生日の前から教習を開始できる場合もあります。教習所に問い合わせてみてくださいね。卒業検定を受ける時点で、指定の年齢になっている必要があります。

【最短卒業日数について】
技能教習については、1段階では1日2時間、2段階では1日3時間までしか受けられません。かつ、2段階において3時間連続での技能教習も受けられません。

通学で免許を取得する場合には、教習所へ通える頻度によって卒業日数が大きく変わってきます。教習所によっては、短期集中コース・スピードコースなど、技能予約の取りやすいオプションコースを設けているところもありますので、土日しか通えない場合や夏休み・春休みなどの繁忙期に通う場合には積極的に利用することをおすすめします。

合宿で免許を取得する場合には、普通二輪で最短9日から、大型二輪(普通二輪所持)で最短6日からとしている教習所が多いです。合宿免許の場合はきっちりと教習スケジュールが組まれているので、短期間で免許を取得してしまいたい場合におすすめです。

【教習期限について】
自動車学校・教習所で、技能又は学科教習を最初に受けた日から起算して9ヵ月となっています。教習期限が過ぎた場合は、すべての教習が無効になってしまいます。

トラックバックURL
コメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
検索
Google
最新記事
Comments
TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)